third 第三次世界大戦の危険高まってか

素人ですが、当分、アメリカと戦おう。第三次世界大戦の危険高まってか だかて不安 『ムー』編集長の'20年大予測。三上氏によると。第三次世界大戦が勃発する危険が高まっているという。 「
ローマ教皇フランシスコは&#;年7月に。すでに『第三次世界大戦が始まっている
』とハッキリ明言していthird。それで。宗教と思想を背景にした二大陣営の衝突によって第三次世界大戦が
起こるとすれば。地上の人類は全滅するようになります。更なる経済的痛手を
受けること。気候変動の激化。そして最終的に第三次大戦を可能にする危険をお
かすかのどちらかです。アメリカによるビキニ水爆実験で第五福竜丸
が被爆。米ソ冷戦下で第三次世界大戦の危機にあって。原水爆反対への世論
高まる中。

2034年。幸いなことに。中国は現在そして近い将来。アメリカとの戦争を望んでいない。
最も大きな理由は。中国は今の状況が自分たちに有利でないことを実によく知っ
ているからだ。しかし今から年中国が招く「コロナ再拡大からの第三次世界大戦」最悪のシナリオ。ブロック化と情報の遮断は。ワクチンの世界的な供給を遅らせ。コロナ感染の
再来に十分に対応しきれず。結果。第一波に比べてもより深刻なパンデミックを
招く可能性が高まると思われ。すでに欧州各国で見られているような第三次世界大戦勃発。第三次世界大戦勃発!? 世紀のなお。これらか国は日当たりの原油生産
量のトップ3にあたります。出典。アメリカは元々世紀から第二次世界
大戦前後まで。世界最大の産油国でした。 今日のようしかし。経済の大部分を
石油産業に依存することは危険なことに指導者たちも気が付いていました。
プーチン大統領の就任後。世界的なエネルギー需要の高まりから。世界最大の
面積のおかげで豊富な天然資源を有するロシア経済は急成長しました。

紛争の“火種”は各地に。その翌年。年月の日間が。歴史上最も第次世界大戦勃発の危険が高まっ
たキューバ危機である。実際に核兵器は使用寸前だった。 そして現在。舞台を
シリアに移して。再び米ロが対峙している。迫りくる第三次世界大戦の危機。その結果。いまの世界は中国やロシアの野望からの軍事力行使の危険がかつて
なく高まってきた。だからいまや中国やロシアの軍事行動に対してアメリカが
対応せざるを得ず。第三次世界大戦が起きる危険までがかつてなく中国は「第三次大戦を準備している」。中国がどんどん軍事力を増強しているのに。アメリカ人はアメリカは今も世界
最強だと思い込んでいる> まるで。「第三次大戦に向けた準備」のようだ──米
上院軍事委員会の委員長を務めるジェームズ?インホフ上院議員オクラホマ州
開いた外国の脅威に関する公聴会で証言した際。アメリカの安全保障上の懸念
として南シナ海で米中の緊張が高まっていることを挙げたトランプ敗退で消え
たかに見える「危険思想」が水面下で陰謀論と結び付き再び牙をむく

素人ですが、当分、アメリカと戦おう という国は、出てこないのでは?中露が組んでも まだまだ だと思いますが???でも、欧州が アメリカ離れしているようで、それが怖いです。新型肺炎の被害によっては、強権を持ち続けている東側は 抑え込みに成功し、民主的な西側では、死者多数 というような事にでもなったら、一気に差が縮まるかも????