OBメソード リード加え手離ド→シ→ド音出す練習法あるの

鼻の下など口周りに息が入ってしまいリードが出てきてしまいます。高1 女子 吹奏楽部でオーボエ担当て リード加え、手離ド→シ→ド音出す練習法あるの、鼻の下など口周り息入ってまいリード出てきてま どうたら口周り息いらなくなり 須川展也。マウスピースに対してリードが薄すぎたり堅すぎたりすると。音色の
コントロールに支障が出ます。また。マウスピースをくわえたとき。上下の歯
がほぼ垂直にそろうよう。下歯をふだんより少し前に出した感じにするとよいで
しょう一回ですべての調をこなす必要はなく。毎日違った調で練習するのが
効率的でしょう。最後に。もし近くにプロの先生や音大生などがいたら。一回
実際に自分の音を聴いてもらってアドバイスを受けてみると。新しい発見がある
かもしれません。

オーボエトを吹いてみよう。リードは。ケーンと呼ばれる葦の仲間の茎の部分を乾燥させ薄い板にした物を枚
向かい合わせに縛り。わずかな膨らみで生じる隙間に息を通すことで。この枚の
リードが振動し。その振動を「音」として管に伝えて音を作っています。原理的saxophone深町。2サックスを吹いてないとき。通常の状態では喉はリラックスしていますが。
楽器を 吹くとどうしても抵抗がマウスピースをくわえた時のリードへの圧力。
口のしめ具合。口とマウスピースで 音程を決めなければなりません。この方法
で音に応じた横隔膜の位置を適切にしてあげると。上の方の音やせも 解決します
。交響楽団の首席サックス奏者でもある。冨岡和男先生です。ただ。
時代は進みジャズの要素もたくさん入って来て。サックスに求められるものが。

OBメソード。4.リ-ド 5.姿勢 6.呼吸法 7.アンブシュア 8.タンギング 9.音 10.
運指11.音楽 12.毎日の練習 1.顎が痛い。口を開くと痛い顎関節症
。無理なアンブシュアを続けると顎が痛くて口が開かなくなることがあります
。これは顎リ-ドはクロ-でチェックしますクロ-とはリ-ドを深くくわえて
強く吹いた時に出る「ビャ-」という音のことです。リードは気温や湿度で
日々変化し。雨の日はリードが重くなったり。冬は乾燥しすぎて吹きにくくなり
ます。私の独り言。リードという竹のへらのようなものを頭マウスピースに付けて。それをくわえて
息を吹き込み音を出します。そのため。クラリネットを買ってもすぐに良い音
で吹けるとは限らないのです。同じ品番のマウスピースでも。なり方や音色に
幾分違いがあるので。じぶんの好みで選ぶしかありません。息の入れ方ですが
。マウスピースが口の中に入っているので舌の使い方が重要になってきます。
息は。最初からマウスピースとリードの隙間をイメージした息の集中にします。

鼻の下など口周りに息が入ってしまいリードが出てきてしまいます。どうしたら口周りに息がはいらなくなりますか?ID非公開さん唇の巻き込み不足だと思います。例えば唇を巻き込まないでリードをくわえて演奏してみます。あなたの息が唇の内壁へもろに当たり、直ぐに耐えきれなくなります。少しだけ唇を巻きリードをくわえて演奏してみます。前よりは空気の抵抗に強くなりますが、まだ空気抵抗を強く感じます。たぶん、現在のあなたの状態しっかり唇を歯の裏側に巻き込みます。空気の抵抗に、防波堤のように強くなります。唇の巻き込みが十分でなければ、歯の裏側に空気が入りやすくなり、強いてはリードをくわえる唇が不安定になります。しっかり唇は歯の裏側へ巻き込み、上あごと下あごは、そのままの状態を保ちながらリードの振動を妨げないように隙間を確保します。>リードを咥え、手を離しド→シ→ドと音を出す練習法は、何目的のためにやるのでしょう?練習は目的を持って取り組まねば意味がありません。先輩だったり、先生だったり、部の伝統だったり、この練習法をあなたに勧めた人に目的を聞いてみましょう。あなた自らがどこかしらから得てきた練習法なのであれば情報元をもう一度あたってみましょう。もし、誰も目的が解らないのであればその練習はするべきではありません。と、ここまでが前置きです。この練習は、アンブッシュア口角筋を鍛えるのが主な目的です。「筋トレ」ですから、負荷は順を追ってかけなければなりません。筋肉をつけよう!と、いきなり100kgのバーベルを挙げようとしても腰を痛めるだけですしダイエットを始めた小太りのおっさんがいきなり毎日10km走ろうとしても膝を壊します。>口周りに息が入ってしまいリードが出てきてしまいますという状態は、まさに負荷をかけすぎているから起こる現象です。私はプロのオーボエ奏者ですが、私でも自分に合っていないリードでこの練習をしようとすればあなたと同じ状態になります。まず大前提として、クローが無理なく鳴るリード≒あなたに合った良いリードを準備しなければなりません。*「クロ―」がなんだかわからない場合は調べましょう。*あなたにとっての良いリードがどのようなモノなのかは、残念ながら知恵袋では誰にもわかりません。クローが無理なく鳴るリードを手に入れたとしても慣れないうちは、リードが出てきてしまいます。筋肉が付いていないので当然です。結論その場合には、手で持ったままやればよいのです。あなたの場合は、目的やそこに至る過程をすっ飛ばしてただ最終段階をいきなりやろうとしているから上手くいかないのです。「手で持つ」と言っても親指と人差し指でチョイとつまんで支え、リードが飛んでいくのを予防するだけです。チューブをしっかり握って、リード自体を出し入れすることによって音程を変えていては練習の意味が無くなります。また、リードを歯の力で噛むことで音程を変えるのも正しくありません。息のスピード?量と、唇?口角筋を 締める?緩めるのバランスで音程をコントロールできるように練習しましょう。>鼻の下など口周りに息が入ってしまいということは、本来リードに入っていくべき息が他の場所に流れていってしまっているということです。肺から出た息をコントロールして、全てリードに入っていくようにするのが口角筋と舌や顎=アンブッシュアの役目です。まぁ、この辺の感覚が難しい所なんですが…*極端に息の通りが悪いリードそんなリードじゃそもそもクロ―は鳴らないですがに無理に息を入れようとすると、リードに入っていけなかった息が口周りに流れやすくなります。練習を積んで慣れてきたら支えを親指だけにしてみましょう。親指にのせておくだけです。それもできるようになったら、いよいよ手を離しましょう。慣れてきたら、ド?シ だけでなくさらに音域を拡げてラ~レくらいは狙って音を出せるようになります。もし、クローが鳴るリードであっても低い音が出しづらいリードや、高い音が出しづらいリードはあなたにとってまだ重すぎたり、逆に軽すぎたり、すでに寿命を迎えていたりするので注意しましょう。アンブシュアを見ていないので何とも言えません。私も口の周りに息が入ってしまう時期がありました。そういうアンブシュアでもちゃんと演奏できていれば問題はないのです。ただ、口が疲れやすいということがありました。口先だけで吹くというより、肺から楽器の先リードの先まで1本のパイプが通っているような意識を持つこと。息をたくさん流そうというより、管内にビタッと息を入れるイメージこれは教わりました。で吹くようにし、またリードもいろいろ調整しました。その結果、口の周りに息が入ることもなくなりました。一番はプロに客観的に見てもらい、修正してもらうことです。あと、確かにリードのみで手を離してそういう練習をするとリードは出てきます。リードの開きに対して息の量が多いわけですから、リードを押し出そうとする力働きますよね。リードを上手く唇の上下の力で挟み、息を流し入れることができればいいのですが…。