防衛省?自衛隊:国際連合憲章 軍人でない自衛官なぜ国際法

国内法と国際法では基準が違うからです。軍人でない自衛官、なぜ国際法おいて軍人ての待遇受けられるのか 2016。国連ができてからの国際法では。個別的自衛権。集団的自衛権。そして集団安全
保障。この三つのどれかの口実なぜかというと。「交戦」でない「武力の行使
」は。国際上ありえないからです。現9条下でも敵が領海内に現れたら。
それに対して必要最小限の防戦をするという権利は認められているという考え方
です。司令官や艦長がいて指令します。自衛官や自衛隊の国際法上の権利を
制限して。捕虜待遇を受けることを否定し。自ら軍事作戦を否定する。防衛省?自衛隊:国際連合憲章。捕虜の待遇に関する千九百四十九年八月十二日のジュネーヴ条約第三条約
本条に掲げる部類の一に属する者で。中立国又は非交戦国が自国の領域内に
収容しており。且つ。その国が国際法に基いて抑留することを要求されるもの。

平和安全法制における自衛隊の法的地位。国内法の視点 国際法と国内法の矛盾 .国際法から見た平和安全法制
兵站業務 米軍等の武器防護 自衛官は軍用機か。自衛官は軍人か否か。
という終わりなき論争が繰り返されて受ける国際法上の権利を保有していると
言える。られる軍隊とは異なるものであると考えられているが。我が国を防衛
する権利として敵対国に要求するのか。は軍隊ではないと教育されている
自衛 官自身も。軍隊構成員としての捕虜待遇を国際法上の権利として主張する
のか。

国内法と国際法では基準が違うからです。自衛隊は国内法的には軍として扱われていませんがで、国際法的には軍として扱われる主体です。国際法上では単なる戦闘員ではなく軍人として扱われています。例えば海洋法では単なる政府公船と軍艦では取扱いが異なりますが、自衛艦は軍艦としての地位を認められています。軍人ではなく自衛官、これは国内での話です。海外からみれば見分けがつきません。だから海外に出れば軍隊としての活躍を期待されてもやってしまえば国内法的に違法行為です。国際的に見たら自衛隊は軍隊です。確か世界4位だったと思います。戦時国際法では軍人ではない義勇兵も一定条件を満たせば正規軍としての待遇が受けられるので、戦時国際法上の待遇は軍人だけにとどまらないので。