神社/岬町 紀小弓神様か

。紀小弓神様か 淡輪の歴史。築造から考えれば。実在すれば世紀の人物らしい五十瓊敷皇子の墓ではありえ
ませんし。実在の人物であるかどうか日本書紀」では第代雄略天皇九年三月
の段に。新羅を攻める際。病没した紀小弓が「田身輪村」に葬られたとあります
。神社/岬町。いわれており。昭和年月。大阪府の天然記念物に指定されました。 淡輪の
氏神になっている船守神社は紀船守?紀小弓宿弥?五十瓊敷入彦命の三神を祀っ
ている由緒深い神社で。本殿は重要文化財に指定されています。スサノヲと紀氏について11。五?六世紀の紀氏で名前の伝承されているのは。「紀角宿祢」応神?仁徳紀
。「紀小弓宿祢」雄略紀。「紀崗前来日宿祢」雄略紀。「紀大磐=生
磐宿祢」雄略?顕宗紀。「紀臣奈率弥麻沙」欽明

紀小弓神様かの画像。紀氏。日本書紀』によると。蘇我韓子は。年月雄略年月条。雄略天皇の命で
紀小弓紀角の孫?新羅で戦病死?月条で大伴室屋と同国近隣の人。大伴談
=語かたり。室屋の子。金村の父。後裔に佐伯氏。小鹿火上代語で読む日本書紀《雄略2》。朕われ。[欲]三諸岳みもろのやまの神之の形すがたを見めさむとおもほす
。曄矣温矣かかやけりやはらかなり。すると。紀小弓宿祢は。 大伴室屋
大連おおとものむろやのおおむらじを通して。天皇に憂いごとを陳述することを紀の国の古代史。紀の国の紀氏 紀直 神魂命の五世孫の天道根命もしくは神魂命の子の御食持命を祖
とする神別氏族 日前国縣神宮を祭祀している。紀小弓宿禰の子の紀大磐宿禰は
父の死を聞いて新羅に向かったが。蘇我韓子宿禰などと仲違いして。帰還した。

角国と紀氏。列島内におけるヤマト勢力による統治の拡大は。たとえば『日本書紀』崇神十年
条にみえる四道将軍派遣の物語中で。を伐つため。紀小弓?紀小鹿火おかひ
?蘇我韓子大臣稲目の祖父?大伴談かたり大連室屋の子らの軍を派遣した。