新型コロナウイルスCOVID ぞれの検査で陽性反応示た人

10.02*5/5+6+7+0.03*6/5+6+7+0.04*7/5+6+7=0.1+0.18+0.28/18=0.56/18=7/22520.18/18/0.56/18=18/56=9/281。ある病気かかっているかどうか簡易的検査する方法A,B,Cあり、いずれか1つだけ受けるする 、ぞれの検査で陽性反応示た人のうち、A2%、B3%、C4%の割合で実際病気かかっていないこ分かっている いま、ぞれの検査で陽性反応示た人集めたころ、人数比A,B,Cの順5:6:7であった うち1人任意選ぶき、次問い答えよ

(1)病気かかっていない確率求めよ

(2)さら精密検査行ったころ、病気かかってないこ分かった
人検査Bで陽性反応示た人である確率求めよ あの病気にかかる確率は。罹患率 %の病気があります。この病気の検査方法は。実際に病気に罹患して
いる人が。陽性と判定される確率が%。逆に罹患していない人は。陰性と判定
される確率が%です。あなたがこの病気の検査を受けて。

新型コロナウイルスCOVID。検査を!と騒がれていることに確かに不安だろうなあ。という共感と一緒に。
検査について誤解されていないだろうか。という疑問もあります。 というの
特異度とはある検査が。病気のない人を「陰性」と正しく判定する割合です。
両方とも前もっては分からないのですが一人だけ本当に新型コロナウイルス
-の感染者がまじっています。有病率が1%のグループ だと。陽性
適中率検査で陽性とでているけど。その信憑性の割合は%です。精度99%の検査で陽性だったら。この記事では。特に多くの誤解が生じていると思われる検査結果の解高精度の
検査で『陽性』と結果が出たら。その人は高確率でその病気にかかっていると
言えるのか?病気にかかっていない人のうち。検査を受けると陰性となる人」
の確率が特異度でした。で陽性と出た人のうち本当に病気にかかっている人の
確率」陽性的中率と呼びますでしたので。上の赤枠で囲まれた

10。大学で学ぶ統計学の基礎レベルである統計検定級の範囲をほぼ全てカバーする
内容となっています。この病気の検査方法では。実際に病気に罹患している人
が陽性と判定される確率が%。逆に罹患していない人が陰性と判定される確率
は%であると言われています。人の中で。検査で陽性になった人の割合; 「
偽陰性率」。実際にその病気に罹患している人の中で。検査で陰性になった人の
割合

10.02*5/5+6+7+0.03*6/5+6+7+0.04*7/5+6+7=0.1+0.18+0.28/18=0.56/18=7/22520.18/18/0.56/18=18/56=9/281 2×5+3×6+4×7/5+6+7=28/9%=約3.1%2 3×6/2×5+3×6+4×7=9/28