感染急増を制御しつつある韓国 イタリアや韓国希望する人達

すべては医療リソース次第じゃないでしょうか。日本のコロナの検査体制どう思か イタリアや韓国希望する人達躊躇なく出来るだけフェア検査の機会設けているの対、日本医療崩壊懸念て検査希望する人たち拒んでばかり ちろん現場の医療従事者のこ考えれば妥当なのかれません か、本当コロナの陽性者検査受けられずウロウロ街中歩かれる更感染拡大させる可能性 ソフトバンクの孫正義氏呆れてTwitterで自ら検査キット普及させるいう声明出 日本正直検査のアンダーコントロールのような事てるのでょうか 他国比べて姿勢正直じゃない、日本の本当の感染者数他国分ない思 韓国もコロナ第3波で医療崩壊の懸念。最新記事ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはの米国版と
国際版からの翻訳記事と日本韓国もコロナ第波で医療崩壊の懸念 ソウル市「
コンテナ病床」設営また保健当局は。ソウル地域にの臨時検査所を開設し
て検査体制を強化する方針だ。過去週間の感染者数は人前後で高止まりし
ている。崩壊。だが現場には硬直したシステムを変え。命を守った人たちも
いた――。イタリア新首相。ユーロを救いイタリア経済の再建を任…

感染急増を制御しつつある韓国。日本政府は新型コロナウイルスの感染を調べる検査が国内で日までに約
万千件行われたとしている。国内では。必要なする声もある。また。政府の
専門家会議は。患者集団を早期に発見する専門家らが不足している現状も踏まえ
。今後。患者が爆発的に増加する可能性を懸念している。現在最も懸念されて
いるのが。医療体制が崩壊する危険性だ。地方の医師会長によると。医療従事
者用マスクだけでなく。吸入用の酸素。人工呼吸器も不足している。

すべては医療リソース次第じゃないでしょうか?日本人の半分程度が検査能力を持つ人 or 医者であるなどリソースが潤沢で、検査後もすべてがうまく回るのならば、全数検査する方がきれいに物事は回るのだろうと思います。ただ、そうではないという判断ならば検査対象を絞って感染パターンを洗い出し抑え込むという日本方式は一つの考え方だろうと思います。現にフランスやアメリカも現時点では日本のやり方にほぼ追随していますよね。ですので、もちろん弱みはありますが医療リソースに限りがある現状を踏まえれば決して間違いではないのでしょう。それから、孫正義さんのは呆れた云々ではなくて単なる思いつきですよね。日本人全体の現在の自粛努力をすべて台無しにするような行動で、あまりに評判が悪いので諦めているような感じもしますがどうなんでしょう。検査しない作戦が有利なのは日本人の習慣からくるものです。世界一の衛生オタク日本人は、毎日入浴して手をかざせば水がでる洗面所、挨拶に接触行動がない。このような習慣があるからこそ感染スピードが他国より遅いのです。これではうつるのがまれで、ライブ等の集団行動しないかぎり爆発はしません。日本人の性格では、ほとんどが軽傷で直ぐ治癒するのを理解し多少具合わるくても病院行くより、誰にも知られず治したいと思う方がほとんどだと思います。今は発覚したら報道されますからね。ほとんど方は多少の症状では病院行きたくないのが実状でそれが他国との差になってます。出てる数字は隠蔽してるのではなく本当の数字検査結果で実状はわからないだとおもいます。検査してくれないと騒いでるのは一部で、検査されなかったのは医者が必要ないと判断したからです。薬がない今は陽性とわかったところで、自分で治癒するか重症者の集中治療しかないのです。嘘で塗り固めた政権だから、お得意の隠蔽で押し通すと思います。日本は検査数が圧倒的に少ないし、大量の陽性判定を隠蔽していることを、病院関係者が週刊誌女性自身の最新号で告発してますよ。県ではなく国からの指示で隠蔽してるそうです。特に東京はオリンピックが控えているので、意地でも本当の感染者数を公表させないように、相当な圧力がかかってるそうです。治療法がなく対処療法するしかないのに検査して何も意味がないじゃない。あなたコロナですと診断され人と接触しないようにと言われて帰宅させられるのと、体調悪いから人と接触しないようにしようとすること。どちらも同じ事しかできない。ますコロナの検査は90%以上の精度を誇るというわけではなく50?70%の精度だと言われてる。第一の問題点100人検査すれば30人は違うみたいなレベルで率が低い第二の問題点陰性→陽性になるパターンがある。この時点でさらに率が低い可能性もある。第三の問題点調べた所で治療法がないこの三点がかなり重要コロナ自体は感染力が強いが死亡率は低いそしてまず感染しましたとなったら我先にと病院に行くのはもうマスク騒動で明らかでしょそして孫正義のTwitter発言は「医療関係者にも否定」されたんですよ韓国とイタリアの死亡率が多いのは調べまくって手当が足りなくなり医療崩壊しかけてるからですそして前にあったエボラ熱の死亡者の多くは何か知ってますか?医療崩壊したから死亡者が激増したんですよあとそういう患者が来るから病院こそがかかりやすい場所になる確率も高くなる。医者や看護師が足りない上に医者や看護師がコロナにかかる危険性も高くなるどう考えても医療崩壊が一番避けなければならない事態なんですよ孫正義の発言自体呆れました。実際批判が多かったということが呆れてる人が多かったということその結果、ソウルですら医療崩壊が起こり、閉鎖に追い込まれている病院もあるのです。絶対に真似してはいけないやり方だと証明され日本はコレを出来る限り避ける為に慎重に動いてると専門家が仰っておられました′?ω?`イタリアはそうせざるを得ないくらいに一気に広がったと言った所でしょうか。。まぁ極東で起こった事と初動でタカを括っていたんでしょうかね。詳しくは知りませんけれども、まぁ中国でしょうね。簡単に韓国の検査を言うと数を増やしスピードを上げる為、精度がかなり落ちます。例えば唾液から検体を取る場合そこにウィルスが有るか無いかの判別は出来てもそれ以外の部分に生きたウィルスが有るか無いかの判定は出来ません。簡単に言えばザルです。結果、そこで引っ掛かからなかった人が、意気揚々とバラまいているのが現状です。初期の段階で感染しているかどうかは分からないそうです。日本は重篤患者に的を絞って行動を調査し、密閉空間での濃厚接触があったかどうかを洗い出すという事を徹底してやっているそうです。あとちなみにソフトバンクはもう中韓とズブズブでいかないと破産する崖っぷち企業なので気にしない方が良き。ソフトバンクショックで検索すれば分かるかと思います。投資家界隈では、去年から結構話題になってました。初動で中国共産党に気を使いすぎた事以外は評価出来ると思っています。イタリアや韓国のように検査してたら医療崩壊します。既に崩壊していますね。ドイツも崩壊し始めていると聞きます。イタリアは人工呼吸器が足りず、60歳以上には人工呼吸器を使用しないと決めました。韓国も、コロナ以外の重病患者を入院させることができず、救命できないでいます。PCR検査は正確ではありません。実は感染してるのに陰性と判定されれぱ、安心してしまい、出歩いてウイルスをばら撒きます。逆に、実は陰性なのに陽性判定が出てしまい、行かなくてもいい病院に行って感染してしまうことだってあります。孫さんの発表を受け、SNSでは反対意見が殺到しています。私ももちろん反対です。日本は医療崩壊しない程度に検査数を増やしています。疑わしい人のみ医師が判断し、検査を受けるという日本のやり方でいいと思います。検査結果が出てもウロウロしている人は実際何人もいると思うので一緒ではないでしょうかそれよりソフトバンクは正式に孫正義氏が出したPCR先ほど正式に止められたそうですがこれは誰が出したコメントに対して呆れていると言う意味なのでしょうか?そんな事よりソフトバンクは法人税を払えと言いたい!日本のコロナの検査体制どう思いますか?————–新型インフルエンザ「次」への教訓岩田健太郎氏神戸大学大学院教授?感染症治療学/神戸大学医学部附属病院感染症内科に聞く 医学書院――検査をどこまでするのか,という点でもかなり試行錯誤がありました。岩田 迅速検査でもPCR検査でも,「なぜその検査をするのか」という根源的なところを考えないといけません。検査キットやマンパワーは有限です。検体採取の過程で新型インフルエンザに医療者が暴露されるリスクだってあります。そこまでして検査をするのはなぜなのか。PCR検査の結果,6時間後に陽性と判明したところで,軽症患者の治療方針にどう影響を与えるのか。「何のために」と考えずに,「そこに検査があるから検査をする」というトートロジーに陥るから失敗するのです。――当初,発熱患者に全例PCR検査を行っていた医療機関もありました。厚労省としては,「サーベイランスのための検査」というねらいもあったのでしょうか。岩田 サーベイランスのための検査と,臨床判断のための検査は,きっちり分けて考えるべきです。今回これらが混同されたことが非常に問題でした。厚労省は全例把握をしたかったようですが,それは無理な話です。そのために現場が疲弊してはいけません。発生早期は全例把握に努めるとしても,感染が拡大したところで断念すべきで,今回はそのタイミングが遅れました。————–防疫の目的何のためには、『犠牲者死亡者を出さない』ということを考慮すると韓国やイタリアは検査をたくさん実行しても犠牲者は減少しないという事実から、岩田教授の理屈が正しいように思えます。その孫正義はさっき不評すぎるからやめるかもという感じになってましたが最新情報はご確認されましたか?それに、あなたの言っていることが正しいなら他の病院もぜんぶチェックしましょう抗菌薬なんておかしな使い方しているからかぜ、膀胱炎、食中毒など関係なく全部細菌ウイルスチェックしてから処方しようよって何で言わないの?だって、検査が世界で一番重要でその間に患者が死亡してもいいんでしょ?私は治療が重要だと思いますがグレタ?ナンチャラの言っていたことを、聞いてなかったのか?資源には限りがあるんだが?韓国のように、グダグダになれとでも?一長一短だと思います。韓国やイタリアのように、PCR検査を希望する人に対して積極的に行えば、当然ながら感染者は増えます。しかし、それをやって軽症者をガンガン入院させた結果、医療業界のキャパオーバーとなり、医療崩壊を起こした結果が今の韓国とイタリアの現状ではないのかと。つまりは、あのやり方は失敗だったのではないこと思います。ならば日本は、同じ轍を踏まず、別のやり方を取るのもありかと。しかし、それが果たして正しいかどうかはまた別の話です。どちらを選んでも、結局は失敗に終わるのかもしれない。ただ、何が正解かわからない以上、各国揃って同じことをするよりは、別のやり方を試して、パターンを網羅することを目指すべきと思います。