平岡緑教室 図で言う三角形の安全なエリア樹木収まっている

樹木は一般に避けるのが望ましいです。落雷の被害遭いたくないの、通勤の都合で街路樹の下歩くこ 図で言う、三角形の安全なエリア樹木収まっている場合、樹木の下通って大丈夫いうこでょうか 平岡緑教室。立木とは地面に立っている樹木のことで。その長さを測る方法ということになり
ます。 今は測定方法はいくらでもありますが。昔はどんな方法で測定されていた
のでしょうか。 2つほど方法を紹介したいと思います。

樹木は一般に避けるのが望ましいです。電柱の例を見ても、45°の中に入りつつ、「4m以上離れる」としています。電柱に落ちた落雷が、横に飛んでくることがあるためです。この点で樹木を考えると、電柱のように1本の柱だけではなく、枝が周りに広がっています。このため、枝から雷が分岐してくることがあるんですね。>電柱に落ちた落雷が、横に飛んでくることがあるためですビルの中だって、そのビルに落雷したらアルミサッシから中にいた同僚に側撃雷が飛んだ。最後は運だよ。そいつのおかげで、隣にいたオレは助かった同僚も軽傷だよ。