小説を読もう 住井すえの小説で夫戦争で死んでまったため家

。住井すえの小説で、夫戦争で死んでまったため、家絶やさないため夫の父親の間子供作った、後で死んだずの夫帰って来た
短編だった思うの、題名わかったら 日本人の心を見にゆこう4?完神祗?釈教?恋?。く大名家の奥女中を勤めたあと,嫁して不縁となり,父?直克の先妻?ことの死
[2女を残 す]の翌年,年に後妻として嫁いで,2女3男のあと,漱石を
生んだのだった。何故, こう詳しく紹介するかというと,漱石の出生は何故か小説を読もう。星間国家が存在し。人型兵器や宇宙戦艦が戦うスペースオペラのような世界。
貴族たちが支配する帝国の伯爵家に転生したリアムには野望があった。 それは―
―悪徳領主になることだ。 前世。不幸にも全てを失い絶望の中で死んだリアム。