宇宙がはじまる前 宇宙の始まり終わりどうなの

宇宙の始まりと終わりについて説明します。宇宙の始まり終わりどうなの 『宇宙に「終わり」はあるのか。ビッグバンから億年」は。宇宙の始まりにすぎなかった――。 ◇未来の果て
に。宇宙宇宙に「終わり」はあるのか 最新宇宙論が描く。誕生から「10の
100乗年」後まででは。宇宙はこの先どうなっていくのでしょうか? 宇宙が感想?ネタバレ宇宙に「終わり」はあるのか。やや高度な思考をいとわなければ。宇宙の始まりから終わりまで統一的な見方が
得られる。天文学的スケールという言葉すら。陳腐に思えてしまうほど。大きな
数を想定することを恐れなければ。物理学はこの宇宙ですら最初と最後まで推定
し宇宙の始まりと終わりはなぜ同じなのか。ビッグバンの前には何があったか。 宇宙の果てはどうなっているのか。

宇宙がはじまる前。しかし。「終わり」についても「はじまり以前」についても今のところわかっ
ていないこと。わかりようがないそもそも宇宙の終わりをどう定義するのか
存在自体が消滅した時なのか。一切の変化が起こらなくなった時な宇宙はどのように誕生し。始まりは原子より小さかった!? 村山 斉 なぜ能力の低い人ほど自分を「過大評価
」するのか宇宙の始まりと終わりはなぜ同じなのかの通販/ロジャー。みんなのレビュー件 みんなの評価 あなたの評価宇宙の始まりと終わりはなぜ同じなのか。宇宙の果てはどうなっているか? 「われわれは永遠に循環する宇宙に棲んでいる
」――そう考えれば。ビッグバンにおけるエントロピーの矛盾は解消される。
ケンブリッジで育ち。オックスフォードで磨かれ。あのホーキング博士も一目
置く

宇宙の始まりと終わりについて説明します。空間と時間がなければ何も変化しないので、宇宙は始まることは出来ません。ですから宇宙が始まる前には、空間と時間のみありました。つまり、エネルギーE=0の状態です。エネルギーEと質量mは等価なので、物質もありませんでした。そして、エネルギーE=0→エネルギーとマイナスのエネルギーとなり、物質と反物質が生まれ、この宇宙が始まりました。このことを説明します。電磁波は電場と磁場の振動です。電場と磁場の振動が止まると電磁波はなくなります。電磁波=光と同様に、物質も「空間」の振動ではないでしょうか。ド?ブロイは物質が波であるとし、物質波の波長を「λ=h/mv」と表現しました。これを「ド?ブロイ波長」と言います。量子力学では物質を波動関数で表現します。そして「超ひも理論」では物質を超ひもの振動と考えます。超ひもが振動すると物質や光と見え、振動を止めると真空と見えます。宇宙が始まる前、空間は全く振動しておらず観測され得る現象は一切ありませんでした。すなわち、エネルギーE=0の状態です。ある時、0=プラスのエネルギー+マイナスのエネルギーとなりました。そして、プラスのエネルギーは我々が住む実数の空間を振動させ、マイナスのエネルギーはパラレルワールドである虚数の空間を振動させました。そのエネルギーにより「空間」が振動を始め最小単位のものが生じ、その相互作用により物質や光が出来て我々の宇宙とパラレルワールドが形成されました。エネルギーE=質量m×加速度a×距離l=質量m×距離l÷時間t^2×距離l=ml^2/t^2[J]です。虚数空間の距離=li=l√-1なので虚数空間のエネルギーE’=-ml^2/t^2実数空間のエネルギーE= ml^2/t^2です。したがって虚数空間のエネルギーE’+実数空間のエネルギーE=-ml^2/t^2+ ml^2/t^2=0宇宙が始まる前のエネルギー0の状態です。この様に、ビッグバンにより「空間」が振動を始め、点から現在の大きさに相似膨張したのです。「0=プラスのエネルギー+マイナスのエネルギーとなりました。」つまり、エネルギー0の状態=全く振動しない状態から、プラスのエネルギーとマイナスのエネルギーが生じました。プラスのエネルギーは我々の実数空間を振動させ、マイナスのエネルギーはパラレルワールドの虚数空間を振動させたのです。こうして、我々の宇宙とパラレルワールドで物質が生じ、2つの宇宙が始まりました。この空間の場の膨張が収縮に転じ、我々の宇宙である実数空間のプラスエネルギーとパラレルワールドである虚数空間のマイナスエネルギーが合わさりエネルギー0になると、「超ひも」は振動を止めます。「超ひも」の太さは0なので、無数の「超ひも」は点に丸まります。空間には振動しない大きさの無い1点のみとなります。ですから、何も観測されるものはありません。後に残るのは、何もない空虚な「時間」と「空間」です。これが「宇宙の終わり」です。ですから、宇宙が始まる前も、」何もない空虚な「時間」と「空間」のみありました。詳細は、下記ホームページを参照ください。