区分所有法 共用部対する損害保険の締結管理行為みなされ管

主語は管理所有者ですね。マンション管理士の試験勉強て
テキストの中
共用部対する損害保険の締結管理行為みなされ、管理所有者単独でできる

書いてあるの、
共用部対する損害保険 の締結普通決議必要なのでないでょうか

混同てまいわかりません
どなたかご教示ください
よろくお願います

不動産保存行為?管理行為?変更行為とは。保存行為?管理行為?変更行為に関して。それぞれの具体例を交えて詳しく解説
しています。売買契約の締結や解除。取消不法に占有されている場合。は
単独でに対して。の不法占有によって。及びに生じた損害全額の賠償を
請求できる。事情があれば。甲土地全体をの所有とし。から及びに対し
持分の価格を賠償させる方法により分割することができる。共有物の不法占拠
者に対する明渡請求は。保存行為に該当します民法条但し書。大判大

区分所有法。参考。民法の共有では。自分の持分の処分はその部分だけ単独でできる。この
場合には。区分所有者の共用部分における共有関係が消滅し。管理者に共用部分
が譲渡所有権が移るされたとみて。専有部分と共用部分の分離処分がされた
となります。1番目の場合には。実質的な処分とみなされないこともあります
が。2番目の場合には。共有者の間で共用部分の持分の処分が損害保険契約の
特則 第18条4項は。損害保険の契約行為を共用部分の管理行為とみなす規定
です。マンションの権利関係と管理。建物の共用部分についての管理変更は。集会決議の決定事項であるから。原則は
区分所有者の多数決によって決められる。共同の利益に反する行為があった
場合には。行為の停止請求?専有部分の使用禁止請求?区分所有権の競売請求を
行う構造上他の部分と区分され。かつ。それ自体として独立の建物としての
用途に供することができるような外形を有する共有部分に生じた損害保険金。
賠償金。返還金等の受領。請求等 も行うことができる受け取った金員は。各
区分所有者

共有物の賃貸借契約の締結?更新の管理行為?変更行為の分類。共有物の賃貸借,つまり,共有者全員が賃貸人となる賃貸借契約の締結は,原則
としては管理行為に該当します当該賃貸借契約は,もともと予定されていた
本件ビルの使用収益方法の範囲内にあるものということができる共有者全員の
行使態様を何ら変更するものではない原告は,自己の持分権に基づき,他の共有
者補助参加人に対するところで,区分所有建物の共用部分は区分所有者の
共有となっていますが,一般的な共有の不動産とは扱いが異なりますマンション管理士。問 規約の特別な定めにより共用部分を所有する管理者以下この問
において「管理所有者」という。2 管理所有者は。規約に定めがあるときは。
当該共用部分の形状又は効用の著しい変更をすることができる。 3 管理所有者は
。当該共用部分に係る損害保険契約の締結について。集会の決議を得る必要が
ない。共用部分につき損害保険契約をすることは。共用部分の管理に関する
事項とみなされ。管理所有者は。区分所有者全員のためにその共用部分を管理
する義務を負う

主語は管理所有者ですね。管理所有者が管理所有する共用部に対する損害保険を締結する場合、損保締結は重大変更行為ではないので管理所有者単独で出来る。単に共用部に損保契約を締結する場合は普通決議が必要ですが、規約により共用部に管理所有者が存在する場合、共用部の所有者なので損保契約の締結は管理所有者単独で出来るということです。ただしなんでも好きにできるかというと、それには区分所有法20条で制限されており、「形状又は効用の著しい変更を伴う共用部分の変更」は管理所有者はすることができないとされています。つまり、重大変更行為以外は管理所有者単独で、重大変更行為は管理組合集会の議決等を要するということです。契約締結権は理事会です総会マターではありません標準管理規約ではありますが「区分所有者は、共用部分等に関し、管理組合が火災保険、地震保険その他の損害保険の契約を締結することを承認する」とあります。多少端折ってますが、共用部分の損害保険付保は管理組合理事会の業務として良いと思います。総会に諮らなければならないものとしては保険料予算であり、その前提となる契約内容になるはずです。区分所有法を具体的に見ていきます。まず、18条を参照します。共用部分の管理第十八条 共用部分の管理に関する事項は、前条の場合を除いて、集会の決議で決する。ただし、保存行為は、各共有者がすることができる。2 前項の規定は、規約で別段の定めをすることを妨げない。3 省略4 共用部分につき損害保険契約をすることは、共用部分の管理に関する事項とみなす。この1項と4項から、あなたのおっしゃる通り、損害保険の締結は管理行為ということで、集会の決議が必要ということになります。すなわち、管理者といえども、勝手に損害保険を締結することはできず、集会の決議が必要です。「前条=17条の場合を除いて」とあるので、4分の3以上の特別決議が必要な著しい変更の場合を除くのですから、管理行為には過半数の普通決議が必要であることも、おっしゃる通りです。しかし、テキストよく見てください。そこに「管理者」と書いていますか? それとも「管理所有者」と書いていますか?テキストには「管理所有者単独でできる」と書いてあるのですよね。すると、区分所有法11条、20条、27条を参照してください。共用部分の共有関係第十一条 共用部分は、区分所有者全員の共有に属する。ただし、一部共用部分は、これを共用すべき区分所有者の共有に属する。2 前項の規定は、規約で別段の定めをすることを妨げない。ただし、第二十七条第一項の場合を除いて、区分所有者以外の者を共用部分の所有者と定めることはできない。管理所有者の権限第二十条 第十一条第二項の規定により規約で共用部分の所有者と定められた区分所有者は、区分所有者全員一部共用部分については、これを共用すべき区分所有者のためにその共用部分を管理する義務を負う。この場合には、それらの区分所有者に対し、相当な管理費用を請求することができる。2 前項の共用部分の所有者は、第十七条第一項に規定する共用部分の変更をすることができない。管理所有第二十七条 管理者は、規約に特別の定めがあるときは、共用部分を所有することができる。2 第六条第二項及び第二十条の規定は、前項の場合に準用する。まず、11条を見ていきます。ここでは、1項で共用部分は区分所有者全員の共有に属すると書かれていますが、2項で特定の区分所有者または管理者区分所有者でなくても可を共用部分の所有者とすることができると定められています。この後者の場合を27条の表題のように「管理所有」と言い、共用部分を所有する管理者を20条の表題のように「管理所有者」というのです。さて、次に20条を見ていきます。まず、1項で管理所有者は区分所有者全員のために所有する共用部分を管理する義務を負うと規定され、さらに、2項では17条1項=4分の3以上の同意が必要な著しい変更の行為をすることができないと規定されています。この2項を反対解釈すれば、管理所有者は著しい4分の3以上の同意が必要な変更行為はできないが、著しくない変更行為や通常の管理行為、保存行為なら、集会の普通決議がなくてもできるということになります。つまり、管理所有者に集会の決議が必要なのは、4分の3以上の特別決議をとる場合だけということになります。したがって、通常の管理行為である損害保険の締結は、管理所有者単独でできるということになります。