労働基準行政の相談窓口 調べてみる労働基準局等相談て意味

私、以前に介護の派遣会社を利用していましたが、退職時に「離職票」をお願いしていました。実務経験証明書ついて

サービス管理責任者て勤務する為実務経験証明書前職依頼ているの、発行てくれない所
福祉施設の申請必要の事で申請出来ず 止まった状態なっているよう

調べてみる労働基準局等相談て意味ないような記載あり、県庁で相談出来るような話聞いたので調べてみたの、該当部署見つけられずで…

どなたかお力お貸頂けますようお願い申上げます 労働基準監督署は相談で何をしてくれる。埼玉労働問題相談所?春日部では労働基準監督署の労働相談の役割について相談
の際。説明しています。このページでは。労働基準監督署について記載して
おります。基本的なこととしてはざっくり次のようなものです。基準法に
明確に書いているので。行政の立場から助言などができる。いわゆる労基署の
業務裁量の範囲内の事項と考えられます。労働基準法に書いていない。グレー
なこと。個人の任意?自由であるもの。民法に関すること。民事的判断を要する
ことなど

労働基準行政の相談窓口。労働基準行政の相談窓口について紹介しています。各種の相談については。主
に以下の窓口で受け付けています。 労働基準監督署 労働基準監督署 賃金。労働
時間。解雇などの法令違反などについて相談したいとき; 事故。災害が発生した
とき; 労災法令に直接違反しない労働条件変更。解雇などについて相談したい
とき; 労働問題について相談したいが。どの分野に該当するか分からない
は無料で配布されていますので。こちらからダウンロードして
ください。労働基準監督署にできること相談の流れとより確実に解決する。実は。「どんな労働トラブルも。労働基準監督署に相談すれば解決できる」
というわけではありません。そのため。相談前に労働あなたは。会社との間で
何らかのトラブルが発生し。以下のような悩みや疑問を抱えていませんか? 「私
の悩みは。労働なぜなら。労働基準監督署にも。「得意な相談内容」や「
できること」が限られているからです。 そのため。相談するあなたのトラブル
に合った方法を見つけて。正しい相談先に相談しましょう。 参考記事一覧

5分でわかるハローワークでもらえる「給付金」とは。失業中の方が就職が決まると。失業手当でもらうはずであった残りのお金の何
割かを。一括で受け取ることができます。教育訓練給付金は似たような名前の
職業訓練給付金とは少し違う給付金となっています。ここで言う日雇労働者と
は単発での派遣のお仕事や。日以内の短期で派遣のお仕事をしている方を指し
ます。で時間がかかるものになっていますので。「給付金をもらおう」と思っ
たらハローワーク職員の方と相談しながら進めていくのが良いです。労働基準監督署に相談できる事とは。労働基準監督署に相談できる内容とできること; 相談のメリットとデメリット
について; 相談?申告する際の流れ一方。以下のようなケースでは労働基準法
違反にならないので労基署による対応は期待できません。労基署に相談した
ときに話を聞いてアドバイスしてくれるのは。日頃企業の監督に当たっている
労基署の職員です。たとえば残業代がきちんと支払われるようになったり労災
隠しがなくなったり休憩時間や有給が与えられるようになり。職場全体の環境が
良くなる可能

私、以前に介護の派遣会社を利用していましたが、退職時に「離職票」をお願いしていました。しかし、何度連絡しても送って来ず、1年経って、また必要となり、「訴訟を起こします」とメールしたら、ようやく動きました。介護業界って、ルーズだと思います。円満退職をしても、難しいですね。これが、多業種ならすぐに動いてくれますがね。確かに労働基準監督署は、賃金未払いや労働改善など、そういった事しか受け付けないと思います。なので、実務経験証明書は無理だと思いますね。検索してみると、やらないケースが多いみたい。ある弁護士さんのサイトにこんなことが書かれていました。『介護福祉士試験で実務経験証明書が得られない場合、「給与明細書、雇用契約書、介護サービスの提供に係る記録書類等により、業務従事期間等を証明することで差し支えない」とされています内閣衆質168第202号 平成 内閣総理大臣臨時代理 国務大臣 町村信孝』他に、労働基準監督署へ電話して聞いたそうです。その回答がこれでした。『労働基準法第二十二条退職時等の証明労働者が、退職の場合において、使用期間、業務の種類、その事業における地位、賃金又は退職の事由退職の事由が解雇の場合にあつては、その理由を含む。について証明書を請求した場合においては、使用者は、遅滞なくこれを交付しなければならない。』なので、まず提出先へ相談して、給与明細や雇用契約書、退職証明書等で対応できるか聞いてみて、それダメなら、労働基準監督署へ相談、それか、社会保険労務士へ相談でしょうかね。他には、厚生労働省に相談しては?資格試験って、厚生労働省の管轄じゃないですか?厚生労働省の相談窓口もあるので、そっちへ相談した方がいいかも。リンク張っときますね。実務経験証明書の発行は事業所の義務ではありません。監督官庁からの要請にも強制力もありません。ひたすらあなたが丁寧にお願いするしかありません。よほどひどい辞め方されたんですかね?正規雇用であれば配置辞令とハロワでもらう雇用期間の証明で代替できる場合もあります。まず、実務経験証明書の発行は事業所の義務ではありません。監督官庁からの要請になります。事業所が発行してくれない場合は、提出先に相談してください。救済措置が規定されています。労基署や県庁に相談して前に進みません。