中国の主張を見てみよう 台湾尖閣諸島の領有権主張ているの

全くのデタラメですね。台湾尖閣諸島の領有権主張ているの、台湾領有権主張ていれば中国尖閣占拠た時日本すぐ自衛隊出動させないこ予想され、中国尖閣諸島の防衛固めてまう前 領土防衛名目台湾軍武力使う事出来るいうの本当か
台湾中国相手戦争できるのでょうか 尖閣を中国から守る施策。中国が「核心的利益」であり領有権を主張する尖閣諸島とその周辺海空域は。
中国の「管轄海域」に含まれるとみるべきであろう。中国政府は。海警法は
国際法と国際慣例に完全に合致していると主張しているが。中国海警法の武器
使用それに対し。海上保安庁の警備艇は。貨物船仕様で武装も限定され。かつ
武器の使用も中国海警局の船舶には海警から銃撃を受けても。海上警備行動が
発令されていれば正当防衛?緊急避難。また治安出動が下令されていた

ホルダー。戦後の日本はアメリカの世界戦略の一部として専守防衛を唱えていれば平和への
しかし。中国の東シナ海進出による尖閣諸島の領土防衛について日米の国益
ユーラシア大陸の経済拡大に裏付けされた軍事力の拡大は。空間的な影響圏の
また国土が海洋と接触している場合。領海を守ることも国土防衛のために有効な尖閣諸島問題をめぐる歴史。一九一二年樹立 も中華人民共和国 一九四九年樹立 も。尖閣諸 島
について公式に領有を主張したことはまったくなかった。 し かⅡ.﹁尖閣
諸島 = 中国領﹂ 論の系譜。Ⅲ.党国家主義と ﹁近代国家﹂ の枠組。Ⅳ.
日本のマスコミ論調と尖閣シミュレーション。Ⅴ. 結論。Ⅵ.こ とを引き。
それは ﹁琉求 琉球 ﹂ のことであると記している。 ﹃南島志﹄ 現代語訳者
の原田禹 のぶ 雄 お一八八四年一〇月一日。フランス軍は一八六三年に開港
された台湾 の基

尖閣諸島における領土紛争の解決をめざして。近年になって日本。中国。台湾の間で尖閣諸島の領有をめぐる対立が盛んに
取りざたされるようになった。特にまた。この年には台湾の漁船が領有権
主張を目的に尖閣諸島に領海に侵入した。年には中国が領海法を制定した。
なお。条約の締結も見込まれていたが。漁船衝突事件以降交渉は中断となって
いる。中国の主張を見てみよう。尖閣諸島。竹島及び北方領土は。歴史的にも国際法上も日本の固有の領土です。
中国は。多くの古典文献を根拠としながら主張を展開していますが。この主張
における文献の解釈には。学術的観点三中外の地図が釣魚島は中国に属する
ことを表示している。度派遣される中国王朝の使節が尖閣諸島を航路標識
として「利用した」かは不明であり。また。それのみで領有権の主張を裏付ける
ことにはなりません。二釣魚島は台湾島と共に日本に割譲することを強い
られた。

全くのデタラメですね。台湾はあんな島のために自国の貴重な武力を使う気などさらさらありません。領有権を主張しているのは、経済的な利益を得られる可能性を放棄しないためですよ。本当かどうかわかりませんが、尖閣諸島周辺の海域に石油が埋蔵されているという話がある。ここで領有権を主張しておけば、日本や中国が勝手に開発することを防げるし、上手く共同開発みたいな合意を結べれば、自分達のリスクを最小限にして、経済的利益を得られるかもしれない。そういう漁夫の利を狙っているのです。台湾は金門島や馬祖島といった中国本土の至近距離にある島を領有しており、ここに対する中国の攻撃を撃退し続けていましたが、これはもともと領有していた島であり、本土の目の前の島を守り続けているという政治的な意味がありますが、尖閣は台湾にとってそんな意味は全くない島です。>台湾が中国相手に戦争できるのでしょうか?台湾から仕掛けることはないでしょう。でも、中国が台湾に侵攻しようとすれば大きな代償を払わせてやる、というファイティングポーズを崩すこともないでしょう。香港の現状を見て、台湾はますますその思いを強くしていると思います。*****おそらくこういう話は、台湾は日本の絶対的な味方だと信じ込みたい日本の自称保守の連中が、台湾が日本と尖閣の領有権で対立するのは、決して日本を敵と見ているのではなく、日本と一緒に中国に対峙するための深謀遠慮だ、みたいなおとぎ話を創作して精神的な安定を得ているだけだと思います。現実の台湾は、自分達の利益になると判断すれば、中国とだって手を組む。そういう「国」です。終戦時に蒋介石に尖閣要る?と連合国が尋ねたら要らないと返事で日本のモノになった経緯が有ります本来なら正当に台湾のモノになってもおかしくなかったので、今更主張する人もいるのでしょう竹島の様に日韓で合意したわけでは無いからね台灣が戦って勝つ事は、難しいと思いますが、未だに国境線でやりやってます。それは、従の目的中国に対するハッタリ?で、主な目的は、近いから。台中日の、ちょうど三すくみの位置にあるから。中日へのツッパリ。ツッパらないと、ナメられるから。のように、私には思えますが????台湾は、中国に負けじと、かなり離れた南沙諸島の一部にまで、領有権を主張していますから???