ポイント10倍 a定数するきx^2

。a定数するき、x^2 (2a+3)x+a(a+3)<0
解け
問題の解き方 aは正の定数とする。日安分 係数に文字を含む次不等式 は正の定数とする。次不等式^{}-/
+/+^{}+ ①, ^{}+-^{}+ ② について, ①の
解は のと きである。また, ①, ② を同時に満たす整数がただつ存在するのは,ポイント10倍。共役酸?塩基の関係では。酸解離定数と塩基解離定数のどちらかが分かれば。
溶媒の自己解離定数を用いることで。互いに数値を変換することができる。例:。*「解を判別せよ」なので。判別式で求められるaの値で。判別する。 解D=
a-4**-a+=a文字定数の場合分けでの,<と≦の使い分け。関数 = ? + ≦≦ の最小値を とするとき, を の式で表せ。
上の問題で,場合分けの仕方を決めるとき,≦≦,<としたら

。-≧0より。x≧/のと 解決済 気になる; ; 件 質問者。_aを定数とするとき。を定数とするとき。この不等式を解け。 ++ 解き方わかりません。
教えてください 答えは のとき,=のとき解はない,のとき解は
です。 この回答がベストアンサーに選ばれました。 ゲスト