イベント自粛 全国規模のイベントついて中止?延期?規模縮

確かに詐欺ですね。「瀬戸際サギ」でないか 国民、2週間新型コロナウィルス抑えられるかどうかの瀬戸際だ言われて我慢てきたのよね 2週間経ったら、さら10日我慢てくれか、詐欺でないか

https://headlines yahoo co jp/videonews/jnn a=20200310 00000078 jnn pol
首相、イベント自粛延長要請 専門家判断10日程度
3/10(火)

安倍総理10日午後、政府の新型コロナウイルスの対策本部で、大規模イベントなどついて、専門家会議判断する今後さら10日程度、自粛要請する考え示

「全国規模のイベントついて、中止?延期?規模縮小等の対応要請たころ、専門家会議の判断示されるの間、今後おおむね10日間程度の取り組み継続いただくよう、ご協力お願い申上げます」(安倍首相)

政府の対策本部で、イランやイタリアの一部の州対て入国拒否する方針決めたほか、本年度予算の予備費およそ2700億円活用た第2弾なる緊急対応策の取りまめ行われ

、政府新型コロナウイルスの感染防止向け、「緊急事態宣言」の発令可能する新型インフルエンザ等対策特別措置法の改正案閣議決定

改正案で、新型コロナウイルスの感染急速拡大、国民生活影響及ぼすおある場合、総理大臣「緊急事態」宣言、自治体通じて外出の自粛やイベント会場の利用制限など要請するこ可能なります

「さまざまな懸念払拭するため、政府側事前努力てらういうこなる」(立憲民主党 安住淳国対委員長)

一方、立憲民主党な野党、人々の行動必要以上制約させるおあるて、「緊急事態」の宣言際て国会の事前承認求めていて、与党側の協議続けられて 政府/3月19日「専門家会議」判断。検討をお願いし。またそれを踏まえて。全国規模のイベントについては中止。
延期。規模縮小等の対応を要請したところですが。専門家会議の判断が示される
までの間。今後概ね日間程度はこれまでの取組を継続いただく

イベント自粛。月日に開催された第回新型コロナウイルス感染症対策本部で。安倍総理は
。「今後日程度のイベント自粛継続」月日に全国規模のイベントを週間
程度中止。延期。規模縮小するよう要請していたが。さらに日程度の自粛を
求める。 安倍首相は。月日に発表された専門家会議の「爆発的な感染拡大には
進んでおらず。一定程度持ちこたえて判断が示される予定だが。「専門家会議
の判断が示されるまでの間。概ね日間程度はこれまでの取組を継続首相「イベント自粛。安倍晋三首相は。今後日間程度。イベント自粛などの取り組みを続けることも
求めた。 首相は。首相官邸で開かれた新型コロナウイルス
感染症対策本部の会合で。「全国規模のイベントについては。中止。延期。規模
の縮小などの対応を要請したが。専門家会議の判断が示されるまでの間。今後
おおむね日間程度は。これまでの取り組みを継続いただくようご協力

新型コロナウイルス感染症予防に関するイベント等の開催について。昨日。専門家会議が開催され。国内の感染状況や。これまで講じてきた感染拡大
防止の取組の効果について。専門家の方々から分析を頂き。併せて提言を頂き
ました。また。全国規模の大規模イベント等の開催については。中止。延期。
規模縮小等の検討をお願いしてきたところ延期。規模縮小等の対応を要請した
ところですが。専門家会議の判断が示されるまでの間。今後概ね10日間程度は
これまでの取組を継続いただくよう御協力をお願い申し上げます。新型コロナウイルス感染症対策本部第19回。令和2年3月10日。安倍総理は。総理大臣官邸で第19回新型コロナウイルス
感染症対策本部を開催しました。政府としては。先般決定された基本方針
において。イベントの開催の必要性について主催者等に検討をお願いし。また
それを踏まえて。全国規模のイベントについては中止。延期。規模縮小等の対応
を要請したところですが。専門家会議の判断が示されるまでの間。今後概ね10
日間程度はこれまでの取組を継続いただくよう御協力をお願い申し上げます

確かに詐欺ですね。たいした対策もせずに、国民にだけ我慢を強いる詐欺。拡大が始まってから一月半、中国が必死で感染拡大を防ぐなか、ただ中国の顔色を見るだけで何もせず、感染が日本中に広がってからでは打つ手が限られてくる。さらに、検査数を制限して目に見える感染者数を増やさないこと、逆に言えば隠れた感染者を増やしていることも詐欺です。各地でクラスター感染を起こしている感染者も隠れた感染者です。いち早く、検査を拡大し隠れた感染者を隔離するか、感染者に感染していると言う自覚を持たせることが出来ていれば、クラスター感染は防げます。たしかにそのように捉えられても仕方ないことだと思います。発表の段階で、具体的な根拠や猶予などをしっかり国民に提示できていればこのような不満に至らなかったかもしれませんね。詐欺というのは言いすぎかもしれませんが、見通しが非常に甘かったのだというのは確かです。この1~2週間が瀬戸際だと言われ続け、あげくに今度は10日だそうです。その間、安倍総理はイベント自粛要請や全国の学校一斉休校などの重要な事項を小出しに要請しています。総理は自分の決断だと言って、強いリーダーシップにこだわっていますが、決断に至った過程や理由についての説明もありません。また、緊急事態宣言は、著しく人権を抑制する危険もあるため慎重な議論が必要であり、特に安倍政権下での適用には不安があります。現行法下で全国の学校休校という非常に強い要請を打ち出している今、これ以上に強力な法律が必要なのかという点、しかも早急に対応しなければならない時に、なぜ時間がかかる改正の手順をわざわざ踏む必要性があったのかという点に疑問に感じています。一斉休校やイベントの自粛について、もともと根拠のない発表をしたことが問題だったのだと思います。実態を把握していないのに発表をしたために、解禁する根拠がないのが現実です。日本の国内の感染者の実態をきちんと把握して、減少する傾向が見えてくれば、休校や自粛を止めることができます。緊急事態の宣言も同じですが、国民が納得できる根拠をしめさないといけないと思います。アホでしょ杓子定規に事が進むわけがないじゃん未知のウイルスへの対応なのに馬鹿じゃない?