アウシュビッツ ユダヤ人収容所でナチ協力させられたカポい

選ばれるのではなく、皆のいる前などで立候補させたり、すり寄って来るのを待つのです。ユダヤ人収容所でナチ協力させられたカポいうユダヤ人どういう人たち選ばれたのか 解放後カポの人たちどうなりか ナチス収容所体制。第二次世界大戦中には。ナチス収容所体制の編成と規模が急速に拡大し。投獄
目的でのみ使われていた収容所で強制労働また。強制収容所にも移送し。
そこでユダヤ人は強制労働をさせられました「労働を通じた絶滅」。司法
省は。すべてのユダヤ人。ロマ族ジプシー。ウクライナ人に加え。年を
超える刑期を言い渡されたポーランド人。そして年を写真 ザクセンハウゼン
強制収容所でナチスの監視下に集められた。三角形のバッジが付いた囚人服を着
た囚人たち。ナチスからユダヤ人を助けたフランスの村に感謝。オーストリア出身の歳男性が。自分や家族をナチス?ドイツの迫害から守って
くれたフランスの村に。遺産から約億フランス南東部のル?シャンボン?
スル?リニョン村は多数のユダヤ人をかくまったことで知られているが率先し
てユダヤ人をナチス?ドイツや。ナチスに協力するヴィシー政府から守ろうと
呼びかけ。多くの住民が協力。村の人たちによって命を救われたユダヤ人は。
数千人に上るという。ビデオ, アウシュヴィッツで何があったのか?

アウシュビッツ。第二次世界大戦中。ユダヤ人の大量虐殺が行われたアウシュビッツ強制収容所。
そのガス室跡の地中から発見された“謎のメモ”。書き残したのは。ユダヤ人であり
ながらナチスの大量虐殺に加担させられた「ゾンダーコマンド」と呼ばれた人
たちだった。未だ多くの謎が残るホロコーストの実態。地中に埋もれていた「
に手を貸すことで生き延びるか。殺されても拒否するのか。究極の選択を迫られ
たラングフスは。ナチスの協力者「ゾンダーコマンド」となった。

選ばれるのではなく、皆のいる前などで立候補させたり、すり寄って来るのを待つのです。カポになるということは、ドイツの手先になることで、収容者からは「裏切者」となります。でも一方でカポになると、良い食事、軽労働、いくつかの特権があり、強制収容所や絶滅収容所で生き残る確率が高くなります。収容所解放後は真っ先にリンチで殺される対象です。米兵やイギリス兵も見て見ぬふりをするケースがあったそうですよ。