ときわ台学/解析学 ある関数C^r級ならばk階偏導関数C

k階偏導関数をr。ある関数C^r級ならば、k階偏導関数、C^(r k)級か 示すどうすれば良いか ときわ台学/解析学。が存在するとき,,は点,において について偏微分可能といい, を
についての偏微分係数といい,関数=,の傾きを求めていることになり
ます。2変数関数の定義域が平面であることを考えれば,直線的な変数の多
変数関数が上で,2階偏導関数をもつだけでは,一般に ≠ですが,級
の関数ならば,=です。他にも考える関数の範囲を 級の関数とする
ような議論は変分学や解析力学でも行われます[#]。+θ,+θ&#;C1級関数,Cn級関数などの意味と具体例。級関数,級関数など関数の滑らかさ,扱いやすさを表す性質について具体例
を交えつつ解説。一変数関数 が以下を満たすとき, 級関数であると
言う。微分可能+導関数が連続→ 級」でしたが,普段お目にかかる関数は
だいたい微分可能なら導関数も連続多変数関数に関しても,「 階の全ての
種類の」偏導関数が存在してそれらが連続なとき 級と言います。

k階偏導関数をr-k回偏微分してみてください。