くらしとしごとの支援策 コロナウイルスの関係で各家庭に1

くらしとしごとの支援策 コロナウイルスの関係で各家庭に1。同感では有りますが、条件を厳しくして給付が3ヶ月後と、一律で数週間後でどちらが良いかという話です。コロナウイルスの関係で各家庭に10万円給付金を支給するように政府の方で調整しておりますが「国会議員や県議会議員などの高給取りや年収1000万円以上の生活費に困ってない者には給付金支払うべきではないわー 給付金は金持ちは除外して、年収低くて生活に困っている人間に渡すべきだわー ヽ(`Д′)?」と私の母は主張しております 私も母の主張には同感ですが、皆様はどう思ってますでしょうか (^_^;)総務省。特別定額給付金ポータルサイトに掲載していた特別定額給付金に関する情報は。
総務省ホームページ本ページに移行掲載していた内容は。「国立国会
図書館インターネット資料収集保存事業ホームページ 別ウィンドウで
開きます特別定額給付金について。政府からメールなどでお知らせをすること
はありませんので。総務省や行政機関を名乗ったて。特別定額給付金に乗じた
詐欺行為への注意などについて利用者に個別に周知を行っていただくよう要請
しました。

生活保護問題対策全国会議。生活保護問題対策全国会議は。すべての人の健康で文化的な生活を保障するため
。貧困の実態を明らかにし。福祉事務所の窓口規制を始めとする生活保護制度の
違法な運用を是正するとともに。生活保護費の削減を至上命題とした制度の改悪
をコロナ特別給付金法案を提出。コロナ特別給付金法案を提出 困窮する低所得世帯。大幅に減収した世帯。学生等
に人万円支給法案提出後。記者団に対し川内議員は「新型コロナウイルス
感染症の潜在的な打撃は非正規雇用の皆さん。私どもは累次にわたって現金
給付が必要であると要望してきたが政府に対応していただけていないという
状況の中で法案を提出すること事業主?フリーランスの方も含まれ。住所が
確定していないホームレス。ネットカフェ宿泊者にも給付できるように

内閣官房「新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内」。新型コロナウイルス感染症の対応について。内閣官房新型コロナウイルス感染症
対策推進室より。国民の皆様に向けて各種支援?行政の取り組みの情報を掲載し
ています。くらしとしごとの支援策。このページは。新型コロナウイルス感染症に関するくらしとしごとの支援策の
ページを記録のために保存しているものです。更新は原則終了しており。掲載
されている情報は最新のものとは限りません。お一人万円給付特別定額
給付金業務」にて資金繰り等を支援しています; ○補助金。助成金 補助金を
活用したい▽ ?海外の生産拠点を国内にも確保する雇用調整助成金休業
手当として。解雇等を行わない場合は中小企業は9/10。大企業は3/4
助成します。

同感では有りますが、条件を厳しくして給付が3ヶ月後と、一律で数週間後でどちらが良いかという話です。10万円の給付に対しても、”申請した人だけ”とか言い出しているので、ふざけるのもいい加減にしろ! って感じなんですが。気持ちはわかるけど、じゃあ、1000万の収入がある人と950万の人と分ける意味は何なんですか?だから最初、条件付きで30万の案が出たんだけど対象となる人を選別するのに時間がかかりすぎるから一律10万ってなったようですよ。例えば3か月後とかにもらってもそれまで持ちこたえられない人もいるでしょう。コロナのせいで収入が減った人はともかく、もともと年収低い人はコロナ関係ないのでその主張はどうかと思います。何のために金を配るかでしょうねぇ。で、金を貰えばその時はうれしいんでしょうけど、どうせ後で税金が上がってそれ以上に取られて文句を言うことになるだけだと思っています。